自力で二重まぶたにする方法!手術しないで!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

まぶたのタイプ別の塗り方

人のまぶたは、それぞれ特徴があり、二重にしたい幅もその人によって異なります。

自分の好みの部分に二重のラインをつけることができるエリザベス
アイリッドは、使い方が簡単で、非常に人気があります。

たとえば、奥二重の人は、自分の奥二重の線より約5mmほど上の部分に、
幅3mmほどのラインを入れます。こうすると、
自分の奥二重のラインを生かしながら、自然な二重まぶたができます。

また、まぶたがはれぼったい人や、脂肪分が多く厚みがあるまぶたの人は、
まつげの生え際より2〜3mm上の部分に、
二重のラインを作りたい部分を中心に楕円形にたっぷりと塗ります。

まぶたが厚い人は、接着が悪くなる可能性がありますので、
通常より多めに塗ることをおすすめします。

反対にまぶたがうすく、脂肪分が少ない人の場合は、
まつげの生え際より2〜3mm上の部分に少し多めに塗って、
あとは、二重のラインを作りたい部分を中心に
木の葉型にムラのないように塗ります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。