自力で二重まぶたにする方法!手術しないで!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

二重まぶたには実は2種類のタイプが存在

ただ、落ち込まずに、聞いて欲しい事があります。
二重まぶたには実は2種類のタイプが存在します。

先天性型と後天性型です。

先天性型はその名の通り、生まれた時から二重まぶたになっている状態です。

気にして欲しいのは後天性型です。
生まれた時は一重まぶたであったのに、ある時を境に二重まぶたに変わるタイプです。

何故急に二重まぶたになってしまうのかです。
先程も言いましたが、二重まぶたの遺伝的構造は変える事ができません。

手術しない限り、一生その仕組みを手にする事はできません。
ですから後天性型の人も、遺伝子的には二重まぶたです。

ただ、当面二重になれなかった原因があるんです。
その原因は2つあります。
1.まぶたの脂肪が厚い
2.まぶたの蒙古ひだが強い
これをよく覚えておいて下さい。

二重まぶたの邪魔をするもの、それが脂肪と蒙古ひだです。

この2つの原因について簡単に説明したいと思います。
まず脂肪についてですが、今、自分のまぶたを触ってみて下さい。

目と眉毛の間を触ってみると、眼球の境目を感じる事ができると思いますが、
ここに脂肪が存在します。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。