自力で二重まぶたにする方法!手術しないで!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

二重まぶたの遺伝

眼下脂肪というのですが、これが分厚い
って、二重の折り込みが付きません。

続いてもう1つの原因である蒙古ひだについて説明します。

そもそも「蒙古ひだ」という言葉を知っていますか?
聞いた事が無い人もいると思いますが、「もうこひだ」と読みます。

蒙古ひだは東洋人に強く見られる傾向なんですが
と、せっかく二重の遺伝を持っていても、まぶたが張
、目頭に皮が被っている状態の事です。

二重の折り込みは目頭に近い程強くなるのですが、
目頭に邪魔ものがいるせいで、二重の折
り込みが消されてしまいます。

蒙古ひだがあるかどうかは、目頭にピンク色のお肉(結膜)
が見えているかどうかで見分ける事ができます。

自然な状態でこの結膜が見えている人は蒙古ひだがありません。

逆に完全に隠されている人は、強い蒙古ひだを持っています。

そもそもこの蒙古ひだは、寒さから目を守るために進化した仕組みで、
生物学的にはとても優秀な働きをしているものです。

中国、韓国、朝鮮、日本といった東洋人の寒い地域に
住んでいる人を中心に発達したまぶたと言われています。

しかし、一方で二重まぶたの邪魔をし、且つ、目自体を小さく見せてしまうため、
美という観点からは非常にマイナスとなります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。