<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

まぶたのタイプ別の塗り方

人のまぶたは、それぞれ特徴があり、二重にしたい幅もその人によって異なります。

自分の好みの部分に二重のラインをつけることができるエリザベス
アイリッドは、使い方が簡単で、非常に人気があります。

たとえば、奥二重の人は、自分の奥二重の線より約5mmほど上の部分に、
幅3mmほどのラインを入れます。こうすると、
自分の奥二重のラインを生かしながら、自然な二重まぶたができます。

続きを読む

エリザベス アイリッドの使い方

現在では、二重まぶた用の化粧品は、さまざまなものが販売されており、
その使い方もさまざまです。

そんな中でも、エリザベス アイリッドは、
接着タイプの二重まぶた用の化粧品として非常に人気があります。

使い方は、まず、軽くまぶたをふいて表面の汚れや脂分を取り除きます。

鏡を見ながら、二重の幅を決めて、その部分を中心にアイリッドを
楕円形に塗ります。

マニキュアのようにブラシで塗れるので、簡単です。

続きを読む

エリザベス アイリッド(二重まぶた化粧品)

エリザベス アイリッドは、昭和42年に日本でミニスカートが
流行ったころに発売された二重まぶた用の化粧品です。

当時、日本女性は、ファッションをはじめ、
メイクアップに関しても、非常に興味があり、
チャレンジ精神も高まっていました。

ですから、このエリザベス アイリッドも、
抵抗なく受け入れられました。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。